TOPPAGE
緊急サービス24h
リフォーム提案
工事紹介
業務委託紹介
汲み取り
浄化槽管理
会社案内
プライバシーポリシー

HOME > 業務委託紹介 > 浄化槽管理
浄化槽とは、し尿と併せて生活排水を処理する合併浄化槽と、し尿のみを処理する単独浄化槽があります。

浄化槽は槽内に流入する汚水の汚れを約10分の1まで浄化し河川、湖沼、海域等の公共用水路に放流しの水質汚濁の防止に大きく寄与しています。

合併浄化槽とは、し尿・生活排水等を一度に処理できる浄化槽のことです。 

浄化槽には定期清掃・保守点検・水質検査の維持管理義務があります。
これらが適正に行われていなければ、浄化槽の性能を100%発揮することができません。

■浄化槽の法定点検
浄化槽の設置後は、水質検査及び定期検査の受検が法律で義務付けられています。
   設置後の水質検査
(法第7条検査)
定期検査
(法第11条検査)
検査の趣旨 浄化槽使用者は、浄化槽の使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月の間に、県の指定した検査機関による水質検査を受けることが義務付けられています(浄化槽法第7条)。

この検査は、水質等を検査することにより、主に浄化槽の設置工事等が適正に行われたか否かを判断するものです。
浄化槽使用者は、7条検査のほか年1回、県の指定した検査機関の定期検査を受けることが義務付けられています(浄化槽法第11条)。

この検査は、保守点検及び清掃が適正に行われているか否かを判断するためのものです。
検査項目
外観検査
 浄化槽の設置場所において、その設置されている状態を観察し、浄化槽内部を目視することにより、次に掲げる項目について行う。
設置状況
設備の稼動状況
水の流れ方向の状況
水質検査
 次に掲げる項目について検査を実施する。
水素イオン濃度
汚泥沈殿率
溶存酸素量
透視度
塩化物イオン
残留塩素濃度
生物化学的酸素要求量(BOD)
外観検査
 浄化槽の設置場所において、その設置されている状態を観察し、浄化槽内部を目視することにより、次に掲げる項目について行う。
設置状況
設備の稼動状況
水の流れ方向の状況
悪臭の発生
消毒の実施状況
蚊、はえ等の発生
水質検査
 次に掲げる項目について検査を実施する。
水素イオン濃度
溶存酸素量
透視度
残留塩素濃度
一定の条件を満たす10人槽以下の浄化槽では生物化学的酸素要求量(BOD)を指標とする水質検査主体の検査で、嘱託採水員が処理水を採水し、検査機関がこれを検査します。基準値を超過したものだけを再検査として従来方式(上記記載)の検査を行います。   



Copyright (C) 2006-2007 TOWA-kaihatsu Co., Ltd. All Rights Reserved.